2010年01月23日

<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)

 厚生労働省は20日、新型インフルエンザワクチンの優先接種対象以外の健康な19〜64歳への接種について、35都道府県が今月中からの開始を決めたと発表した。茨城▽埼玉▽東京▽山梨▽滋賀▽京都▽鳥取▽岡山▽広島▽福岡▽沖縄−−の11都府県では19日までに接種が始まっており、大阪、北海道など24道府県も今月中に始める。2月開始は8県、時期未定が4県。

 現在流通しているのは国産ワクチンで、厚労省が15日、優先接種対象の各グループへの接種がすべて始まっていることを前提に、健康成人への接種前倒しを認めていた。20日に正式承認された海外2社の輸入ワクチンは、2月上旬から医療機関への供給が始まる。

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種後に呼吸困難や血圧低下46件
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
プレパンデミック(大流行前)ワクチン

「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開−ソマリア沖(時事通信)
DPC病院の経営改善事例などを解説(医療介護CBニュース)
小沢氏元秘書の議員「真実、いずれ」「昔の話」口重く(産経新聞)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(上)神戸市灘区・六甲道駅南地区(産経新聞)
第174通常国会、きょう召集=「政治とカネ」で与野党激突へ(時事通信)
posted by タカギ ツトム at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム喫茶60万円強盗、3容疑者逮捕 車ナンバーでアシ(産経新聞)

 兵庫県姫路市内のゲーム喫茶店で起きた強盗事件で、県警機動捜査隊と姫路署は20日、強盗容疑で、大阪市浪速区の中古車販売店店員、大野貞雄(57)▽同市西成区、無職、西原政幸(53)▽同市東住吉区、無職、寺尻一良(64)−の3容疑者を逮捕した。県警によると、大野、西原両容疑者は容疑を認め、寺尻容疑者は「知らない」と否認しているという。

 経営者が逃走した車のナンバーを覚えており、機動捜査隊が明石市内で3容疑者を見つけた。

 逮捕容疑は、共謀のうえ、20日午前3時半ごろ、兵庫県姫路市青山西のゲーム喫茶店「青山」で、男性経営者(46)と男性客(37)に刃物のようなものを突きつけて売上金など現金約90万円を奪ったとしている。3容疑者は知り合いで大野、西原容疑者が店内に押し入り、寺尻容疑者は車の運転をしていた。

【関連記事】
ゲーム喫茶に2人組強盗、60万円奪う 兵庫・姫路
車上荒らし150件か 強盗致傷容疑で2人逮捕
「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害
深夜、温泉施設駐車場で40万円強奪 大分・日田

クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
「びっくりドンキー」で食中毒、4人入院(産経新聞)
自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」(産経新聞)
「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)
旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
posted by タカギ ツトム at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

くまキャラ 心に癒やし グッズ売り上げ好調…寂しい世相反映?(産経新聞)

 くまが人気を集めている。といっても動物のくまではない。くまを題材にしたキャラクターグッズだ。各社が多彩なキャラを展開し、商品のラインアップもぬいぐるみをはじめ文房具にお菓子までと幅広い。人気の背景には、不景気で、くまのほんわかしたキャラに癒やしを求める心理があるようだ。(森本昌彦)

 ◆着替え用の服も

 さまざまなくまのキャラが並ぶ「キデイランド原宿店」(東京都渋谷区)。同店によると、昨年のくまのキャラクターグッズの売れ行きは前年比150%という人気だ。

 各メーカーも手応えを感じている。タカラトミーアーツ(葛飾区)は昨年3月から、ディズニーキャラのミニーマウスが手作りした人形というコンセプトの「カドリーベア」を販売。ぬいぐるみ以外にも、ワンピースやダッフルコート、レインコートといった着替え用の洋服、バッグにつけるアクセサリーや携帯電話のストラップとして使用できるボールチェーンなども売り出した。シリーズ全体で商品数は46種類に及び、同年11月末現在で64万個が売れた。

 プラザスタイル(港区)は平成18年から、米国生まれのキャラクター「スージー・ズー」シリーズのグッズを日本で発売。同シリーズの主人公はアヒルだが、登場キャラの一つである「ブーフ」という名前のくまが人気を集めている。こちらはシリーズ全体で昨年の売り上げは前年の約7倍に上る勢いだ。

 ◆憎めないキャラ

 アニメでおなじみの「くまのプーさん」も負けてはいない。昨年12月には東京駅一番街で、プーさんの世界を再現した「Pooh Garden」を期間限定でオープン。商品も和装姿のぬいぐるみや白いプーさんのぬいぐるみなど、これまでには見られなかったグッズが発売された。携帯サイトでもキャンペーンを実施し、ウォルト・ディズニー・ジャパン(目黒区)の担当者は「これほど多面的で大きなアクションを起こしたのは近年、あまりない」と話す。

 くまキャラはこれだけにとどまらない。「リラックマ」、「ケアベア」、「くまのがっこう」…。キャラごとにさまざまなグッズが発売され、人気を集めている。

 なぜくまなのか。

 こうしたくまキャラは特に20〜30代の女性の支持を受けているという。キデイランド原宿店の統括マネージャーを務める加藤裕士さんは「これだけ不況になってくると、心が寂しくなって頼るものやかわいがるものを欲しがる女性が多いのではないか」と分析。「くまは潜在的に憎めないキャラで、うまく日本人女性の心をつかんでいる」と話している。

 ■好きなキャラクター1位はプーさん

 くまのキャラクターに対する意識について、ボーダーズ(東京都新宿区)が昨年10月に16〜69歳の男女に聞いたインターネット調査によると、「くまをモチーフにしたキャラクターが好き」と答えたのは24・1%、23・8%が「最近はやっていると思う」と回答した。

 知っているキャラを聞いた質問(複数回答)では、「くまのプーさん」が91・2%でトップ、「リラックマ」が62・4%で続いた。「ケアベア」は男性に比べ、女性の認知度が高かった。好きなキャラクターも1位はプーさんで、2位がリラックマだった。

【関連:いろいろな“癒し”】
毎日のお風呂に癒されて イスラエル発のバスブランド「SABON」
ちょっとKYな妖精、まったり雅な老翁、絶滅危惧類も…
熱心にビデオ撮影する視線の先に… 記者が見た上村愛子の乙女心
あおい共演のアヒル、実はロボット アフラックCM
KOKIA「Coquillage」 心の中からきれいになれる14曲

ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる(産経新聞)
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」(産経新聞)
「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換−愛知県春日井市(時事通信)
posted by タカギ ツトム at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。