2010年03月29日

西村氏「命懸けで頑張る」…国民新党比例代表候補正式発表(スポーツ報知)

 全日本プロレスの西村修氏(38)が24日、東京・平河町の国民新党本部で会見し、今夏の参院選に全国比例代表候補として同党から出馬することを正式に発表した。

 同党代表の亀井静香金融・郵政改革相(73)から紹介され、レスラーどころか銀行員のようにかしこまった西村氏は「新人ですが、やる気だけは誰にも負けないつもりでおります。命懸けで頑張って参ります!」と初々しくあいさつした。

 国民新党から出馬する理由は「亀井先生を尊敬して選んだ」とし、1月に自らの支援団体を通じて党関係者に接触し、出馬の運びになったことを明かした。政界進出を志したのは、1998年に後腹膜腫瘍(しゅよう)というがんを手術で克服し、命の尊さを考えたことが契機になったとし「リング上からメッセージを訴え続けて参りましたが、(今後は)ぜひとも政治の力を使って、国民が健康で元気であるようにしていきたいと思います」と医療問題に力を注ぐ決意を語った。

 亀井代表は「ホントにイケメンだろ? オレほどじゃないけど」とお約束のギャグで笑いを誘いつつ「初対面でオーラを感じた。一生を共にしようという女性と会った時のオーラと一緒だ。あ〜ホレた、ホレた」とメロメロ?の様子。そして、番記者に対して「でっかい紙面とカメラ持っているんだから、頼むよ〜。(いつも)ネタ寄こせ、ネタ寄こせとオレを責めるんだから」と大きく報道することをおねだりしていた。


 【関連記事】
武藤社長も全面バックアップ!西村修、参院選出馬正式表明
吉田1年後に柔道指導者OK…プロ格からの転向短縮
「MAP」が朝青に協力求ム…新プロレス団体設立
馳議員、朝青龍にプロレス観戦のすすめ
全日本プロレス 西村修 平河町 を調べる

時効を問い直した足利事件 廃止の流れ進む(産経新聞)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に−警察庁(時事通信)
<人事>防衛省(毎日新聞)
日航1期機長、ラストフライト=邦人救出、地球環境変化の撮影も(時事通信)
津波避難、8割超が3メートル以上=3分の2は行動起こさず−沿岸住民調査・静岡大(時事通信)
posted by タカギ ツトム at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。