2010年01月21日

千葉大生殺害、現金引き出し男「自分が刺した」(読売新聞)

 千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)殺害・放火事件で、荻野さんのカードを盗んで現金を引き出したと供述している住所不定、無職竪山(たてやま)辰美被告(48)(強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)が、「荻野さんを自分が刺した」と殺害への関与を認める供述をしていることが14日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 松戸署捜査本部は供述に基づき、血の付いた包丁を発見した。荻野さんのマンションの部屋に「火をつけた」とも話しているという。

 関係者らによると、竪山被告は最近になって「自分がやった」と供述を始めた。マンション2階の荻野さんの部屋に「ベランダから物取りをしようと侵入した。荻野さん本人が帰ってきたため、刺した」と話しているという。一方で、殺意について否定するような話もしている。

 荻野さんの部屋から出火した火事についても、「翌日、部屋に戻って、自分で火を放った」と話している。

 また、捜査関係者などによると、竪山被告は荻野さんのマンション近くにある「千葉大施設付近に包丁を捨てた」とも供述を始めた。捜査本部が捜索し、血の付いた包丁を供述の通りに見つけた。

 捜査本部は、包丁に付着した血液の鑑定などを進め、荻野さん殺害との関連を詳しく調べる。

 捜査本部によると、荻野さんは胸などを片刃の刃物で刺されて殺害され、昨年10月22日、部屋を全焼する火事があり、遺体で発見された。

巡査を懲戒免職=男子短大生監禁事件−兵庫県警(時事通信)
【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)
12日に新管制塔運用開始=成田とレーダー一元化へ−発着増備え羽田空港(時事通信)
寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
posted by タカギ ツトム at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。