2010年01月26日

「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)

 朝日新聞が永住外国人地方参政権(選挙権)に関する全国世論調査の記事をウェブサイト上に掲載した際、誤って沖縄県名護市の有権者を対象としたと記事中で説明していたことが21日、分かった。読者の指摘で誤りに気付き、約1時間20分後に訂正したという。

 記事は19日未明、「外国人参政権に賛成60%、反対29%」との見出しで掲載された。本文中では「全国世論調査」と説明していたのに、調査方法に関する記述は「名護市内の有権者を対象に調査した」と説明していた。

 このため、ネット上では「参政権推進の目的で、名護市での調査結果を全国調査と偽ったのではないか」との憶測も出ていた。朝日新聞社広報部は「誤って(24日投開票の)名護市長選情勢調査の調査方法の内容を掲載してしまった」と説明している。

【関連記事】
外国人参政権反対 自民議連再開
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
外国人地方参政権付与法案には「反対」 自民・谷垣氏
自民が外国人地方参政権付与に反対する議連の活動を再開へ

【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
羽賀被告「生涯の友」メール…元歯科医側は冤罪主張 偽証罪初公判(産経新聞)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
posted by タカギ ツトム at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。